021 桂離宮

前々から一度は訪れたいと思っていた、桂離宮に行ってきました。

DSC02324

桂離宮は江戸時代に皇族八条宮の別邸として建設され、現在は宮内庁に管理されている皇族関連施設。一般見学は案内人とともに皇宮警察が同行し、厳重な管理がなされています。

見学中、終止隅々まで手入れされた建物と庭園のコラボレーションに圧倒されっぱなしでした。

DSC02290

外腰掛

茶室松琴亭の待合い腰掛けは、なんと雪隠(せっちん)=便所が設置されています。今も昔も変わらない日本人のおもてなしの心を垣間みた気がします。外腰掛に座ると、低く計画された力強い蘇鉄山が気分を落ち着かせてくれます。

DSC02284

松琴亭

DSC02300大胆な青と白の市松模様が、目に留ります。

賞花亭

苑内で最も高い位置にあり、ほぼ北に向かって建っています。そこからは、京都の山々を借景にした素晴らしい庭園風景を望むことができます。計算され尽くされた絶景は圧巻です。

笑意軒

DSC02328

 

櫂(カイ)の形をした引手や半割の竹の雨樋など細部まで追求されたディテールの数々が迎えてくれます。

どこを見ても、配置・ヴォリューム・素材・動線・抜け・ディテールが緻密に考えられ、それでいてわざとらしくない自然な趣を醸し出しています。

通路脇の排水溝もこの通り。

写真

残念ながら、通常見学では古書院などには入れませんが、十分すぎる程堪能させてもらいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です